鳥さんぽ鳥たび時々獣医師

旅行とバードウォッチングの話題を中心に趣味の話や日々の出来事を綴っています。

50代からの英語学習 英語学習遍歴と懲りずに始めたワケ

3か月ほど前から毎日の習慣として英語学習をはじめて継続中です。挫折を繰り返してきた私ですが、今回は楽しく続いています。私と英語学習についての記事です。

 

f:id:kokko818:20211030183737j:plain


英語が好きなのに上達しない

学生のころから英語が好きでした。身についてない割に英語は好きです。これは中学、高校時代の塾の先生のおかげたと思っています。学校の授業はつまらなかったけれど、英語塾は楽しかったんです。

息子が高校時代の頃、上達しない私に「お母さんの英語の勉強は趣味だね。」と言いました。私にはセンスがないことにはっと気づき、妙に納得してしまいました。その割には諦めず挫折しながらダラダラ勉強はしていました。

実は息子は3歳ころから小学生低学年まで英会話教室に通っていました。最初人見知りがひどく、入会して慣れるまで一月ほど親子英会話をしていました。子供のスクールは後述する通った英会話教室より断然楽しかったです。「Here you are. 」「Put away. 」などは、学校でも大人の英会話教室でも教えてくれませんでした。この2文、海外旅行の時かなり役に立ちました。この頃しか英会話はしていない息子ですが仕事で英語圏の方の接客がそれなりにできるみたいです。やっぱりセンスなのか?三つ子の魂百まで(英語では:As the boy, so the man.)なのでしょうか。

 

英語学習遍歴

挫折してしてきた私の失敗勉強法遍歴です。

 

①NHKの英語講座

4月から初めて5月終わりにに辞めてしまう。いままでやらない年はなかったんじゃないかなあ。目的が無い学習なので途中で嫌になってしまうんですね。

いろんな講座を受講しましたが、大西泰斗先生の「ラジオ英会話」とスティーブソレイシィ先生の「英会話タイムトライアル」は楽しいです。たまに聞いてます。今の勉強が一通り終わったらまたトライします。

 

 

 

②英会話教室・・・まったく身に付きませんでした。
●高校時代、近所のイギリスの方にマンツーマンで習う。つまらなくて、サボったこともありました。母の知り合いだったため辞めることもできず苦痛でした。

●社会人になってすぐ、20代前半に大人数の英会話教室に通う、面白くなくてすぐやめました。

●動物病院を開業してから地域の英会話サークル、これも苦痛でしかなく仕事を言い訳に辞めてしまいました。

 

②文法

基礎からみっちり勉強しようと思い、文法の問題集を片っ端からやってみました。完璧に理解できないと先に進めない。途中からやる気が失せる。

 

③単語の学習

イングリッシュジャーナルを購読して、長文の中からわからない単語で単語帳を作る。完璧に覚えられないと先に進めないのと、単語帳づくりが面倒になり挫折。

 

④翻訳の通信教育

長文読解は苦行ですが、専門の論文は割合すんなり読めるので、お小遣い稼ぎにもなる医学論文の翻訳をしてみたかったのです。通信教育をチャレンジしましたが、世の中そんなに甘くないです。→途中挫折。

 

海外の野鳥や野生動物を観察に行きたい。

さてさて今回、海外に行きたい病を発症してしまいました。コスタリカ、スリランカ、オーストラリア、北欧や東南アジアにも行ってみたい。いつでも行けると思い、海外は検討していなかったですが、今のような感染症の状況になり、収束したら行けるときに足腰丈夫なうち行きたいと思ったわけです。

国内で海外の野鳥や野生動物観察ツアーを開催している会社いくつかあります。しかしながら団体旅行が苦手な私。現地のガイドさんをつけて個人で訪れたいのです。それには英語が話せないと始まらない。また、情報収集のためSNSで海外のかたとつながりたいと思いました。文の読解だけでなく、会話や文章のキャッチボールもしたいと思いました。

 

継続できているのは

まだ海外に行きたい熱が冷めていないのが一番の継続できている理由だと思いますが、今までとは全く違う英語学習法で進めているのが大きいと思います。なぜそうしたかといえば、多分今までの勉強法では50代の頭には入らないと思ったからです。
今時の英語勉強法や経験談などを徹底的にネットやYouTubeで調べました。手軽に入手出来て、お財布にやさしい教材を使っています。

そして思わぬ収穫がありました。今回の勉強法は今までと違う脳の使い方をしているようで、勉強すると頭がすっきりします。ボケ防止にもなっている気がしています。これも続けられている理由です。

 

 

 

ジャパンタイムスアルファの編集長の高橋さんの本です。
学習法の参考にになりました。