鳥さんぽ鳥たび時々獣医師

旅行とバードウォッチングの話題を中心に趣味の話や日々の出来事を綴っています。

九州縦断 スピッツとツル観察の旅2日目 九州新幹線で出水市へ

初九州新幹線

前日のスピッツライヴの余韻に浸りながら、次の目的地の鹿児島県出水市に向かいます。

 

 

 

博多駅で梅が枝餅

梅ヶ枝餅は太宰府天満宮の参道の名物です。
小さいあんこの入った丸餅を焼いたものです。

菅原道真公ゆかりの太宰府名物。
もち米とうるち米をブレンドした生地に、上品でほのかな甘さの粒餡を包み込み香ばしく焼き上げてます。
シンプルな素材だけに、生地と餡のバランスが決め手となる自慢の手作りの味です。

かさの家のHPより

 

f:id:kokko818:20211223210030j:plain

博多駅のエキナカ・コンコースのKIOSK前に梅が枝餅の「かさの家」の小さな販売ブースを見つけました。できたてホカホカの梅が枝餅が売っていました。本店から運んできているのでしょうか。保温箱から出してくださいました。肉まんのように紙にくるまれていました。

大宰府に行かなくても出来立てが食べられて嬉しかったです。
梅が枝餅の素朴な味が好きです。最近はかさの家の冷凍の梅が枝餅が近くのスーパーで売るようになり、時々買っています。焼きたてには敵いませんが温めてからグリルで焼くと近いお味になります。

お食事処・甘味処「かさの家」公式サイト│ トップページ

 

この記事を書くにあたり調べたところ、駅構内ではありませんが、博多のマイングには実演販売している「松島茶屋」があるようです。

松島茶店 - マイング -博多・九州のおみやげ処、全92店舗-

 

梅ヶ枝餅について熱く語った割には、ホカホカのうちに慌てて食べたため、写真がありません。無料画像から掲載しました。

 

 

f:id:kokko818:20211223212948j:image

初九州新幹線です。思ったより混んでいました。
福岡から泉まで新幹線で1時間ちょっとです。あっという間でした。

 

出水駅着

f:id:kokko818:20211223213034j:image

ツル観察にはバスが運行されていました。(2019年12月)
『出水のツルと歴史観光周遊バス』こんなかわいいラッピングバスです。

 

【運行経路】

出水駅

出水市ツル博物館クレインパークいずみ

※観光周遊バス運賃に入館料込み

(特産館いずみ)

※ご要望に応じて停車

出水市ツル観察センター

※観光周遊バス運賃に入館料込み

(箱崎八幡神社)

※ご要望に応じて停車

出水麓武家屋敷群

出水駅

※1周約1時間

※1日6便運行

バスへ乗り込んでツル観察へ向かいます。
※ツル観察記事へ続きます。

 

【2021~2022年情報】

ネットで調べた中では2021年はバスは運航していないようです。

観光タクシーは運行されています。 
バスが無いのは残念ですが、1000円で乗車できるとのことです。

www.izumi-navi.jp

出水駅または出水麓武家屋敷群からツル観察センターへ、通常、片道3,000円以上かかるところを片道1,000円で行くことができます。

市から援助を受けたタクシーのようです。事前予約が必要のようです。
公共交通利用でも安心ですね。

 

実際に問い合わせはしていませんので、バス運行が気になる方は出水市商工観光部観光交流課で確認してください。
www.izumi-navi.jp