鳥さんぽ鳥たび時々獣医師

旅行とバードウォッチングの話題を中心に趣味の話や日々の出来事を綴っています。

気が付けばインターネット交流歴25年

f:id:kokko818:20211214214826j:image

インターネットの交流を初めて四半世紀
今は自由気ままな私ですが、身動きが取れない時代がありました。何か新しいことをしたくて当時は高価だったパソコンを購入しました。ウインドウズ95が騒がれていた時代のことです。

私のウエブ上のコミュニケーションの事始めは、今の@ニフティが運営していたパソコン通信のニフティーサーブからです。パソ通時代には仕事関連の全国の知人が増えました。学会ついでにオフ会をしたり、家族ぐるみでも交流して楽しい時間を過ごしてきました。

「ようこそニフティーサーブへ」パソコン音声に毎日心躍りました。

テレホタイムを楽しみに仕事をしていたといっても過言ではありませんでした。その時間に今は当たり前ですが、つなぎっぱなしでチャットを楽しみました。当時の生きがいでした。寝不足でも毎日楽しかったです。いろいろ悩んでいた頃でしたので、現実逃避もあったと思います。

テレホタイムとは、NTTが1995年に開始した深夜早朝の電話料金割引サービスのテレホーダイが適用される23時~翌8時の時間帯のことである。

 

賑わっていたニフティーサーブが気が付けば閑古鳥に

ニフティーサーブが下火になり会議室も閉鎖に。しばらくして一時爆発的に賑わっていたミクシィに移動がはじまりました。その後フェイスブックに更に移行。ニフティーサーブの住人の多くはそんな流れが多かったと思います。※ちなみにブログが始まったはウィキペディアによりますと2002年頃からだそうです。(ミクシィは2004年から。)

パソコン通信にはさまざまな細かいルールがありました。慣れるまでは大変でしたが、それが私には合っていたようです。ミクシィもフェイスブックも基本的に何でもありです。楽しいこともありましたが、ネット人口が増えると困った人も増えてきます。

怪しいアクセスがあったり、ストーカーまがいの行為を受けたりで、徐々に億劫になり、見ることをしなくなりました。

 

ツイッターのちインスタグラム、ティックトック?

フェイスブックの全盛期の頃だったと思います。長文の交流がメインの頃にツイッターがはじまりました。「好きなことつぶやけばいいらしいよ。」と教えて貰って、ドキドキワクワク。最初は楽しかったです。

ツイッターは広瀬香美さんと勝間和代さんがずいぶん賑やかしをしてくれて伸びました。後はラジオ(ラジコ)との連動。これはピストン西沢さんもずいぶん頑張ってくれていたような記憶があります。その後東日本大震災があり生活になくてはならないものになりました。

そのころ私のツイッターは有名人以外は、実際の知り合いとだけ繋がっていました。今のLINEに近いイメージです。職場が変わったり、友人関係が変わり、アクセスしなくなって退会しましたが、コロナ禍で時間ができたのでまた再開してみました。

しばらくぶりのツイッターは「FF外からすみません」など変てこなマイルールができていることに違和感がありましたが、公共機関や企業、施設などの情報が施設のアカウントからずいぶん増えていました。お知らせがリアルタイムで入ってくるのは有難いです。

ところが、最近居心地がイマイチになってきました。情報が欲しい時には楽しいのですが、この違和感は‥‥。情報収集とブログのお知らせ用になりつつあるこの頃です。

インスタグラムは登録はしています。やはり情報が欲しかったためです。ライヴを行うことが難しい今、ほぼ放置になっています。
ティックトックはネットに流れてきたら見ることがありますが登録予定なしです。

 

SNS疲れを通り越して

私はいろんなことに興味があります。趣味の話、仕事の話、ゴシップも気になりますし、美容室では女性週刊誌が楽しみです。読書も乱読です。

YouTubeもよく見ます。普通の人の日常も面白いなあと思います。話は逸れてしまいますが、日常動画では、「アースおばあちゃんねる」が気に入っています。

逸れたついでに「アースおばあちゃんねる」をちょっとご紹介。87歳の一人暮らしのおばあさんが、丁寧に穏やかに暮らしている動画です。中学生のお孫さんが撮影と編集をしています。こんな風に年を重ねるのが私の理想です。お孫さんとの関係は溺愛したりでなく適度な距離感がしっくりします。

話を戻します。
ネットで作った交流関係はあっという間に楽しいものになりますが、あっという間に崩れてしまうものでした。楽しかった分嫌な思いもする。そんなこんなを続けてきて心が疲れてしまったのかもしれません。

SNSは誰かとつながっていたい人にはありがたいモノだと思います。四半世紀前に孤独に押しつぶされそうな私をパソコン通信が救ってくれたように。
でも、今は人との交流は旅先で見知らぬ人と一期一会を楽しむくらいが丁度いいです。

 

そんな私ですが・・・
自分の思いや、感動したことを誰かに聞いて貰いたくてブログを再開しています。
やはりインプットと共にアウトプットも楽しみたい。
平和に続けられますように。