鳥さんぽ鳥たび時々獣医師

旅行とバードウォッチングの話題を中心に趣味の話や日々の出来事を綴っています。

noteからブログに引越した訳

f:id:kokko818:20211207155550j:image

獣医師としての記事を昨年から一年間noteに書いてきました。当初はずっと書き続けるつもりでいました。でも引越しちゃいました。

ねこちぐら獣医師ペットヘルスケアブログ
https://nekochiguravet.hatenablog.jp/


今時の流れだとブログからnoteへ引越しという方はいても、私のようにnoteからブログへ引越すケースは少ないように思います。私がなぜはてなブログにお引越ししたのかについて記事にします。

noteを始めた訳

ペットのご家族に説明したこと、気になったこと、アドバイス先の会社で質問されたことなどを文字にして残したいと思いました。ブログでもよかったのですが、新しい物好きなので、新しいシステムを使ってみたかったというのが一番の理由です。

 

noteを使った感想

・感覚的に気軽に書くことができる。
・コミュニケーションをとりやすい。
・読みやすい。
・スマホやタブレットからでも更新しやすい。
・カスタマイズ性が少ない。
隙間時間にできるのはラクチンでした。気楽に記事を書くことができます。

 

コミュニケーションの違和感

noteでのコミュニケーションが楽しい方もいらっしゃると思います。私はインスタとフェイスブックが苦手なので、このあたりは好みの問題と言ってしまえばそうかもしれません。SNSでみかける「相互フォローします」の意味が理解できない人です。

noteのフォローフォロワー数。確かに面白い記事の人が多数のフォロワーがいるという当たり前の事実もあります。が、一方薄っぺらい内容でも凄い数のフォロワー数がいる人います。いい記事を書いていても、フォロワー数はほんの少しという企業もいくつか見かけました。

フォローされたいからフォローする。インスタグラムみたいなイメージなんでしょうか。いやインスタはまだ企業はフォロワー数は多いのでまた違うのでしょうか?

最近は創作活動をする場所、記事のすばらしさを認め合うというより、個人同士のSNS色の強いフォロワー数を競う場所なのかなあと感じるようになっていました。

ブログに引っ越す決め手になったこと

noteでは自分の書いた記事を有料記事として販売できます。こちら目当てに参加しているクリエイターは多くみかけます。エッセイや小説、音楽などなど…それはとても新しい取り組みでいいことだと感じていました。

ある日のこと。専門家ではない人、ペットの飼い主が書いたペットの病気の治療のしかたの記事をみつけてしまいました。有料で販売しています。獣医療法に抵触しそうな感じのタイトルです。
んん??noteの有料記事販売は審査、チェック体制は緩いのか、無い?

おそらく、記事を販売したご本人は法律など知らずに、気軽に販売しまっているのでしょう。自分のペットがその方法で症状が治ったから記事にしてみました。というところでしょうか。有料のため、内容が分かりませんので絶対とは言えませんが・・・。

内容が分からないということは、有料記事というのは外部からのチェックシステムが働かないということにもなるんですよね。記事を上げたご本人はついでにちょっとお小遣い稼ぎできたらいいな。という安易な気持ちだとは思うのです。ただ、ダメなものはダメ。見回りしないのかなあ。noteの運営さま。

インターネットは自由な場です。しかしながら健康被害が起こるかもしれない医療や獣医療の記事を書くためにはネット上であっても様々な法律により規制されています。ネット上の誇大広告などでは医師や獣医師も裁かれてしまうことももちろんあります。

責任の所在の無い記事を「気軽に売ることができる」note。
ちょっと離れたくなりました。

 

 

 

「鳥さんぽ鳥たび時々獣医師」ブログの再スタートを機にはてなブログproに登録しました。画像の容量を気にすることなくUPできるので、画像が多い方にはおすすめしたいです。私は数あるブログサイトで一番使いやすいのがはてなです。ずいぶん昔の記事のアクセスがいまだにあるのは、はてなブログだからだと思っています。

 

 

もしもアフィリエイトに登録してから、はてなPROを「自分で申し込む」と少し割引になります。アフィリもPROも気になる方はぜひ。

 

 

2021年12月29日追記
はてなブログにも『互助会』という謎にシステムが作られてしまっているのですね。運営側も頭が痛いでしょうね。やはりどこも同じような人がいるんですねぇ・・・汗

blog.hatenablog.com