鳥さんぽ鳥たび時々獣医師

旅行とバードウォッチングの話題を中心に趣味の話や日々の出来事を綴っています。

北海道横断2泊3日の旅 行程と1日目 中標津空港→根室 

f:id:kokko818:20211128143540j:image

久しぶりの羽田航空から向かった先は北海道です。3年ぶりの息子と2人旅です。感染症が落ち着いているということと、『HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス』が発売になると知り出かけることにしました。大人の休日倶楽部パスの時期でもあるのですが、6日間周遊パスは12000円で乗り放題ですから断然お得です。指定席は4回利用することができます。

「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」は、JR北海道の在来線全線が6日間1万2,000円で乗り放題となるきっぷで、発売期間は2021年11月5日から2022年2月28日まで。利用期間は2021年11月6日から2022年3月31日まで。北海道の「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」を活用するきっぷのため、北海道に申請する補助金の上限に達した場合は発売終了となる。北海道運輸局に提出した届出の金額は2万4,000円だが、キャンペーンの利用で販売価格は1万2,000円になるという。

www.jrhokkaido.co.jp

 

旅程はこんな感じです。

1日目 羽田→中標津(ANA)中標津→根室(路線バス) 根室泊
2日目    根室→釧路(花咲線)釧路→帯広(特急あおぞら)帯広泊
3日目 帯広→札幌(特急とかち)札幌→(エアポート)新千歳空港→羽田(ANA)

旅行スタート

1日目羽田空港から中標津に向かいます。中標津直行便は往復1便ずつです。中標津線には珍しい大きい機材でした。国際線で利用している機材を流用しているようです。これも新型コロナウイルス感染症の影響ですね。キャビンアテンダントの皆さんはマスクはもちろんですが使い捨て手袋を着用されていました。

 

道中バードウォッチングもしたいので、よく見える方の双眼鏡も持っていきました。

 

 

f:id:kokko818:20211128143757j:image

中標津空港からは、空港バスに乗り込みました。中標津の天気は晴れでしたが少し雲があり雪が舞っていました。キリっとした寒さです。

 

 

途中、野鳥と野生動物に期待して乗り込みました。バスの道中、エゾシカがわんさかいました。牧草地で牛のようにシカが草を食んでいます。野鳥は風連湖~根室湾の辺りで、ハクチョウをたくさん見ることができました。(ハクチョウの種類までは識別できず)カモもたくさんいましたが、遠くて種類はわかりませんでした。残念だったのは日の入りが15時台のため、14時過ぎの中標津空港出発時には、上の写真でもわかるようにすでに夕方の雰囲気でした。小鳥はシルエットが精いっぱい・・・根室駅までは1時間40分くらいで到着しました。16時過ぎに到着した時はすっかり夜でした。

 

a.r10.to

根室駅から徒歩5分ほどのイーストハーバーホテルに宿泊しました。
外装、内装とも綺麗でした。ホテル室内の雰囲気から30年くらい前に建てられた感じがしました。

www.nemuro-kankou.com

フロントで「Welcome toねむろクーポン券」ひとり2000円分いただきました。(合計4000円分)これを使って夕食に行きました。
2021/11/25

 

 

続きの記事はこちらです。

kokko818.hatenablog.com