鳥さんぽ鳥たび時々獣医師

旅行とバードウォッチングの話題を中心に趣味の話や日々の出来事を綴っています。

ゴーヤーの上のシジミチョウ

雨が続いています。つる植物のつるは少しずつ延びていますが、全体に成長はゆるやかです。グリーンカーテンのゴーヤー(ニガウリ、ツルレイシ)はようやく二階の窓に届きました。雨の中、庭の様子を眺めていると、シジミチョウの仲間がいました。雨で休憩中でしょうか。

f:id:kokko818:20150706152241j:plain

シジミチョウ図鑑で見比べてみるとヤマトシジミに似ています。羽を開かないのでどうでしょうか。判る方教えてください。

 人家周辺で最もよく見られる小さなシジミチョウ。翅の表面はやや光沢のある水色で、裏面には灰色地に黒い斑紋が散りばめられている。
幼虫の食草であるカタバミの周辺を、地面すれすれにチラチラ飛んでいることが多い。カタバミはコンクリートの裂け目にも生える強い植物だが、このチョウもカタバミさえあれば、都会の真ん中ででも発生している。

 我が家の庭はカタバミがはびこっていますので、そんな気がします。